2007年08月12日

はだしのゲン 後編をみました。

一昨日に引き続き昨日も「はだしのゲン」をみましたが、戦争がいかに一般市民の生活を圧迫し、とりわけ原子爆弾が肉体的にも精神的にもいかに多くの人たちを傷つけ絆を引き離すかを再認識させられました。本当に二度と繰り返されてはいけないことだと思います。
後編は原爆投下後の広島の惨状の中、ゲンが家族を守るために必死に躍動する姿が描かれています。本当に天変地異的なことが起こった時にどう受け止め、どう立ち向かっていくか・・・。はだしのゲンは、「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラと同じくすごくお手本になると思いました。社会が崩壊してもたくましく生きていく姿にこれからも多くの人の心に焼き付け、感動させ続けていくことでしょう。
posted by トキオ・ポーロ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51115582

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。